watermint toolbox - The multi-purpose utility command-line tool for web services

実験的機能

実験的な機能スイッチは、テストや早期アクセス機能にアクセスするためのものです. これらの機能は -experiment オプションで有効にすることができます. 複数の機能を指定する場合は、カンマで結合された機能を選択してください. (例: -experiment feature1,feature2).

名前 説明
batch_balance 大きいバッチから順に実行する
batch_random ランダムなバッチIDの順番でバッチを実行します.
batch_sequential 同じバッチIDで順次バッチを実行します.
congestion_window_aggressive 積極的な初期混雑ウィンドウサイズの適用
congestion_window_no_limit 輻輳ウィンドウでの同時実行を制限しない.
dbx_client_conditioner_error100 サーバーエラーをシミュレートします. リクエストの100%がサーバーエラーで失敗します.
dbx_client_conditioner_error20 サーバーエラーをシミュレートします. リクエストの20%がサーバーエラーで失敗します
dbx_client_conditioner_error40 サーバーエラーをシミュレートします. リクエストの40%がサーバーエラーで失敗します
dbx_client_conditioner_narrow100 レートリミットエラーをシミュレートします. 100%のリクエストはレート制限で失敗します.
dbx_client_conditioner_narrow20 レートリミットエラーをシミュレートします. 20%のリクエストはレート制限で失敗します
dbx_client_conditioner_narrow40 レートリミットエラーをシミュレートします. 40%のリクエストはレート制限で失敗します
file_sync_disable_reduce_create_folder ファイルシステムを同期する際に reduce create_folder を無効にします. これでフォルダの同期中に空のフォルダが作成されます.
legacy_local_to_dbx_connector 古いローカルとDropboxの同期コネクタを使用
use_no_cache_dbxfs ノンキャッシュのDropboxファイルシステムの使用
profile_cpu CPUプロファイラの有効化
profile_memory メモリプロファイラの有効化
report_all_columns データ構造として定義されているすべての列を表示します.
}